若ハゲのことで悩んでいるのなら、もう悩むのはやめましょう!

 誰にも話せなくてどうしたらよいのか解らない、そんなあなたのお役にた
 てたら幸いです。お役立ち情報こそがあなたの悩みを解決してくれるものと
 思います。
 悩むことでストレスが蓄積されると余計にあなたの悩みは拡大して行き
 ます。みんなが実践している育毛方法、自毛の移植、育毛に必要なシャ
 ンプー選びなど、前向きに自分自身でヘアケアを実行して行きましょう。

・髪の成分、・育毛シャンプー、・男性型脱毛症、 ・髪の寿命キューティクル、・育 毛、・植 毛、・育毛サプリメント、・女性の脱毛、ほか記載しています。

頭髪にもミネラル(鉄分)

どんな栄養素を摂取すれば若ハゲになりにくいのか

血液中で酸素と結びつき、体中の隅々まで酸素を運ぶ役目を持っているのが鉄(Fe)です。
特に女性は鉄分が不足がちになりやすいですね。
この鉄分が不足すると、鉄欠乏貧血やめまい、動悸などがおこりますが、反対に多すぎても、皮膚黒色化や心臓病、糖尿病などの原因になります。
鉄分を多く含む食物には、干しひじき、鶏レバー、わかさぎ、あさり、豚レバー、牛レバー、ほうれん草などが挙げられる。

頭髪にもミネラル(クロム)

どんな栄養素を摂取すれば若ハゲになりにくいのか

クロムはインシュリンの働を助け、血液中のブドウ糖を筋肉や肝臓に取り込みます。インシュリンとは、ホルモンの一種で、血糖値を下げる働きがあり、糖尿病の治療などに使われます。血糖は運動や活動をしていると下がり、食事を摂取すると上がります。
このインシュリンの働を助けるのがクロムで、不足してしまうと血糖値が下がらなくなり、動脈硬化やブドウ糖代謝障害、糖尿病の原因になります。
反対に多すぎると、球瀬尾高血圧や低コレステロール血症を招きます。
クロムを多く含む食材では、キウイフルーツ、松の実、生そば、小麦胚芽、貝類(アサリ、ハマグリ、シジミ、牡蠣)、ワカメ、海苔、ヒジキなどが挙げられます。

頭髪にもミネラル(カルシウム)

どんな栄養素を摂取すれば若ハゲになりにくいのか

体内の中にある最も豊富なミネラルで、心臓や神経、血液、骨、筋肉などのあらゆる組織の健康維持に必要な栄養素として知られています。
また、精神的な安定にも大きく関わりがあります。
カルシウムは一般的にも身体に対する関わりが良く知られており、不足すると骨折しやすくなったり、骨粗しょう症などが知られています。その他にも、高血圧や動脈硬化、不眠症になる恐れがあり、反対に摂取過多となると、関節炎などの原因になります。
カルシウムを多く含む食材には、イワシの丸干し、牛乳、豆腐などの大豆製品。

若ハゲに悩む前に予防の意味でも、食事は大切な髪の栄養補給源と考え、ミネラル不足に注意しましょう。

頭髪にもミネラル(マグネシウム)

どんな栄養素を摂取すれば若ハゲになりにくいのか

マグネシウムには酸素や糖質の代謝活発にし、心臓の緊張を緩和し、疲労回復に役立ちます。体内には極わずかしかない量のため、微量の不足でも体調に影響をきたします。
マグネシウムが不足すると、動脈硬化や狭心症、腎不全を起こす原因にもなり、また、多すぎるとネフローゼ(タンパク尿が多量に出て、血液中のタンパク質が減り、低タンパク血症を 起こし、全身がむくんでくる。また、コレステロールや中性脂肪などが 増えて高脂血症が現れる。)や精神障害をも引き起こす。
マグネシウムを多く含む食物として、きな粉、玄米、ナッツなどが挙げられる。
若ハゲに悩む前に予防の意味でも、食事は大切な髪の栄養補給源と考え、ミネラル不足に注意しましょう。

頭髪にもミネラル(カリウム)

どんな栄養素を摂取すれば若ハゲになりにくいのか

(K・カリウム)
細胞内の機能を高め、電解質や血液中の酸とアルカリのバランスを取るのがカリウムです。
血糖が酸糖質やグリコーゲンに変化するときに必要で、血圧を下げストレスさへも予防します。このカリウムが不足すると、高血圧症や不整脈になる恐れがあり、反対に多すぎると糖尿病や肝臓病を招くこともあります。
このカリウムを多く含む食物は、干しいたけ、ひじき、大豆、桃などです。

ストレスが溜まり、髪が薄くなってしまうのはミネラル不足からくる症状が考えられますので、食生活の見直しをお勧めします。
若ハゲに悩む前に予防の意味でも、食事は大切な髪の栄養補給源と考え、ミネラル不足に注意しましょう。

髪の寿命

生まれたきた髪の毛は一生生え続けるわけではありません。

髪の毛は絶えず生え変わりを繰り返しています。
生え始めてから2年から3年で成長し、退行期(2〜3週間)、休止期3ヶ月
を経て、抜け落ちて行きます。
髪は退行期に入ると、毛乳頭細胞が萎縮し、それを覆っていた毛母細胞も分裂を止めてしまいます。
正常なサイクルの頭髪は100本中休止期に入っている髪の毛は10本の割合だそうです。
入浴時、排水溝に髪の毛が案外あると、髪の毛が薄くなったかのように心配されるようですが、先ほどの説明の通り、髪の毛はサイクルによって生え変わることを考えれば、心配はありません。

しかし、すでに薄くなり始めている方は、食生活や生活環境、日々の生活習慣を見直すなどしてみてはいかがでしょう。
ストレスの発散も重要な対策のひとつです。

髪の成長に必要な条件とは

食事から栄養を摂ることや、普段から
頭髪や頭皮を清潔にしましょう


髪の毛の成長に必要な条件は、頭皮の皮膚呼吸と、血液からもたらされる栄養素や酸素(血液からもたらされます)などが挙げられます。
髪の毛の成長に必要な酸素は、血液からもたらされますが、多くは頭皮の皮膚呼吸によってまかなわれます。
ハゲを気にする人で、「皮脂」が育毛の大敵であり、脱毛症の原因であると認識し、シャンプーなどで全て取り除こうとする人がいますが、これはいずれ脱毛症になってしまう原因の一つであり、発毛・育毛にはマイナスなんです。
頭皮を含む私たちの身体は、一枚の皮膚で覆われていて、その皮膚を乾燥などのトラブルから護るために、皮膚穴から分泌された皮脂が汗穴から分泌される水分と混じり合って、保護膜と呼ばれる皮膚膜を形成し、身体から必要な水分が失われないように保護しているのです。
この働きは全身の皮膚で行われており、当然頭皮も同じです。皮脂は私たちの身体、頭皮にとって乾燥や肌荒れなどから保護するために全身から分泌されている大切な成分です。
つまり、清潔な保護膜によって保護された健康な頭皮は、髪の成長に欠かせない絶対条件であり、皮脂は健康な頭皮に欠かせないもっとも重要な成分です。
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。