若ハゲのことで悩んでいるのなら、もう悩むのはやめましょう!

 誰にも話せなくてどうしたらよいのか解らない、そんなあなたのお役にた
 てたら幸いです。お役立ち情報こそがあなたの悩みを解決してくれるものと
 思います。
 悩むことでストレスが蓄積されると余計にあなたの悩みは拡大して行き
 ます。みんなが実践している育毛方法、自毛の移植、育毛に必要なシャ
 ンプー選びなど、前向きに自分自身でヘアケアを実行して行きましょう。

・髪の成分、・育毛シャンプー、・男性型脱毛症、 ・髪の寿命キューティクル、・育 毛、・植 毛、・育毛サプリメント、・女性の脱毛、ほか記載しています。

ハゲるのは何故か

何故髪の毛はぬけるのか?

ハゲる方の多くは「男性型脱毛症」といって、髪の成長期が短くなって行く特長をもっています。
髪の成長サイクルが乱れ、新しく生まれた髪の毛が細く弱々しくなってしまいます。最終的にうぶ毛状態となり、やがて発毛しなくなってしまいます。
薄毛の原因として、「遺伝」や「年齢による発毛機能の低下」「体調の変化」など、いろいろな原因が考えられます。
特に内臓に異変をきたすと、キレイな血液が巡回できなくなり必要な栄養素を毛乳頭に供給できなくなります。
このとき毛となる細胞が男性ホルモンに敏感に反応し、活性能力を低下させます。
敏感に反応した男性ホルモンは頭の頭頂部位と前頭部位の毛根に敏感に反応する為、前頭部位から薄毛になって行く人、頭頂部位から薄げになって行く人と分かれるようです。ホルモンは男性だけでなく女性も薄毛になる原因でもある、とても複雑な機能を持っているようです。

ハゲで悩んでいるだけですか?

いまやハゲで悩んでいないで、積極的に最新育毛法を取り入れ発毛に成功している人は大勢います。

いったいどんな方法で?
育毛剤やヘアケア、自毛の移植などなど、以前の自分を取り戻したい人は皆どういった方法を実践しているのでしょうか?
もし、育毛専門店へ行くとしたら、選ぶべき専門店は?

  

ハゲの種類

医学的根拠から特徴や
原因と対策を考えましょう




  • 若年性脱毛


  • 抜け毛の中でも深刻な問題を含んでいるのが「若年性脱毛」です。
    本来なら成長期にある毛根細胞が正常に働かず、髪が寿命を全うする前に抜け落ちてしまうのが若年性脱毛の特徴です。脱毛とともに髪が細くなり、頭部が薄く見え始めてきます。

  • 円形脱毛症


  • ある日突然円形または楕円形など、部分的に脱毛が生じることをいい、男女関係なく発症します。
    抜けた髪の毛の毛根は残って胃おらず、抜けた皮膚は周りの皮膚よりもへこんだ状態になります。原因としてはストレス説と末梢神経不全説が一般に言われていましたが、近年では、さらに自己免疫説などの説も上げられています。
    半年から1年くらいで自然治癒することが多いようです。

  • 脂漏性脱毛


  • 脂漏性皮膚炎が原因の脱毛を「脂漏性脱毛」と言います。脂漏性皮膚炎とは、「脂性のフケが毛穴を詰まらせ、髪の毛が生えてくる道をふさぎ、頭皮の状態が悪くなって炎症を起こす」をさします。場合によっては、そのフケをエサとした細菌が繁殖し、炎症をひどくすることもあります。
    症状としては頭皮が赤く変色し、痒くなります。そこから脱毛へと移行して行くのが、脂漏性脱毛です。
    脂性の人は、この脂漏性脱毛になりやすいと言えますが、過剰な皮脂の分泌を抑えることで、症状を軽くすることが可能です。それには、バランスの良い食生活を行うことが一番です。また、入浴時のシャンプーで、その日の汚れ、脂分をきれいに取り払うことが大切です。

  • ひこう性脱毛症


  • 最近では、男性だけでなく女性にも増えているのが「ひこう性脱毛症」です。清潔感にこだわるあまり、洗浄力の強いシャンプーを必要以上に使うことで起こることが多い症状です。アレルギーの一種で、刺激の強いヘアケア製品や、過度のパーマ、ヘアカラーなども症状を発症させる原因にもなります。
    特徴は、乾燥したフケが大量発生し、毛根を塞ぐなど、皮膚がカブレるなどの炎症を引き起こします。頭皮も乾燥してくるので、髪の固着力が弱まり、髪も次第に痩せ細っていきます。

  • 女性の瀰漫(びまん)性脱毛症


  • 中高年の女性に多く見られるのが「瀰漫(びまん)性脱毛症」です。休止期毛の割合が多くなり、頭髪全体の髪がまばらに薄くなってきます。主な原因は、頭皮や毛根部の細胞の老化。加齢による血行不良やホルモンの影響が抜け毛の割合を増やしていきます。
    その他、最近では当たり前のようにダイエットをする女性が多いため、栄養不足から瀰漫性脱毛症が発症するケースが増えています。

  • 分娩後脱毛症


  • 出産後しばらく抜け毛が多くなることがあり、それによって髪が薄くなることもあります。 原因としては、赤ちゃんに栄養を取られてしまった為、妊娠後期にはエストロゲンなどの女性ホルモンによって成長期を維持してきた頭髪が、出産後一気に休止期に入ってしまうためです。
    ほとんどは産後6カ月〜1年ころには回復します。

  • 薬剤による脱毛症


  • 抗がん剤服用による脱毛。服用を中止すると再び発毛します。

  • 牽引性脱毛症


  • ポニーテールや束髪など、毛髪が持続的にそして過度に引っ張られる事によって発生する脱毛症です。牽引が長期間に渡って持続した場合には回復しない事もありえますが、一般的には、髪型を変えることによって回復します。


    ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。