若ハゲのことで悩んでいるのなら、もう悩むのはやめましょう!

 誰にも話せなくてどうしたらよいのか解らない、そんなあなたのお役にた
 てたら幸いです。お役立ち情報こそがあなたの悩みを解決してくれるものと
 思います。
 悩むことでストレスが蓄積されると余計にあなたの悩みは拡大して行き
 ます。みんなが実践している育毛方法、自毛の移植、育毛に必要なシャ
 ンプー選びなど、前向きに自分自身でヘアケアを実行して行きましょう。

・髪の成分、・育毛シャンプー、・男性型脱毛症、 ・髪の寿命キューティクル、・育 毛、・植 毛、・育毛サプリメント、・女性の脱毛、ほか記載しています。

BMCって知ってます?

正式名称:バイオ メディカル センター

BMCは「頭髪専門医院」の存在を広く知ってもらう為
「抜け毛予防から発毛まで」をテーマに、1999年に設立されました。
髪で悩む方達に多様な治療情報を提供し、医療と患者の橋渡しをする国内唯一の機関です。
医師が治療に専念できることにも力を注いでいます。

2001年4月現在で、約14,000人の治療をアシストした実績を持ち
情報提供や、提携医院と共同で頭皮や頭髪に関する医学データを集めることにも力を入れています。

その他にも、独自のケア商品を開発し販売するなど、様々な形で頭髪医療を支えています。

脱毛に関して

抗がん剤や放射能治療による脱毛はどうして起こるのだろう?

がん細胞は、増殖速度のコントロールが効かなくなり、猛スピードで分裂を続けているような細胞です。
抗がん剤や放射能治療というのは、速度の速い細胞分裂だけを殺すような作用があります。

では何故髪の毛が?
と誰でも思うでしょうが、頭髪というのは、毛母細胞は正常でも、盛んに細胞分裂を繰り返しているものなので、抗がん剤や放射能治療の影響を強く受けてしまうのです。

抗がん剤治療や放射能治療を始めたがん患者の方々の毛髪が抜けてしまうのには、このような副作用があったんです。

女性の出産後の抜け毛

なぜ出産後、抜け毛が急に増えるのか?
赤ちゃんを出産した女性の100%に近い方々が、大量の抜け毛で一時悩んでしまう時期もあるようです。

家のいたるところに抜け毛が落ちていたことを、思い出されると思います。
これには理由があり、女性ホルモンの影響から来るものです。
分娩脱毛症といって、出産後3ヶ月〜4ヶ月してから抜けることが多いようです。
女性ホルモンには、毛周期の生長期間を延長させる働きがあり、妊娠中は持続的に女性ホルモンが分泌されます。
その為、本来なら髪の毛の成長が休止期に入り、寿命を迎えるはずが、ずっと成長期のままでいます。

ところが出産後は女性ホルモンの分泌が減るため、髪の毛の成長が一斉に休止期に入ってしまう為、大量の抜け毛が起こります。

抜けるべき時期に抜けずに残っていた髪の毛が、一斉に抜けたということで、別段、悩む必要はありません。

いったい発毛治療費はいかほど?

治療とは言っても、残念ながら保険適応外治療になる為、値段は色々といってよいでしょう。

この「保険適応外」と言うのは「自由診療」と呼ばれ、各医院が料金を独自に決め、その治療を行うことが出来ます。
自由診療というと、治療する側が優位な立場となり、法外な値段を請求するケースもあります。
こんな場合、患者とトラブルに発展ということも有りえます。

保険適応外の場合は、慎重に信頼できる医院や医療機関を選ばなければなりません。
若ハゲや薄毛で悩む方たちの立場は、常に弱い立場といって良いでしょう。
良心的な医療機関での初診料は、1万円〜2万円(検査費含む)
1ヶ月の診療代金、約3万円〜4万円が妥当でないでしょうか?

年齢を重ねると、髪は薄くなる

40歳を過ぎてくると、人によっては絶対ハゲるとは思いもよらなかった人の頭頂部一帯が、全体的に薄くなってくる。

これは年齢によるもので、食事で摂った栄養分が身体の隅々まで行き届かなくなってきたからでしょう。
あるいは、栄養分の吸収率が悪くなった為とも考えられる。
若いうちは黒々した髪の毛であったのに、だんだんと局所的にではなく、全体的に薄くなって行きます。
日頃からの食事がいかに大切であるか、不規則な生活習慣が髪や身体の代謝機能を悪くすることを、常に頭に入れておくと良いと思います。

病院での治療ができたなら

病院での治療はどれくらい効果があるのだろうか?という疑問を持っている人も多いのではないでしょうか?
結論から言うと、発毛専門クリニックと比較しても同様の確率ではないでしょうか。
専門医の中には80%もの確率を誇る医院もあるようです。
しかし、病院や専門クリニックに行けばそれで発毛が約束されるわけではありません。
ご自身が自宅での食事や頭皮へのケアも必要ですから、医者の注意をよく聞き、生活習慣の改善を促されたのなら、それに従うべきでしょう。医学的アドバイスは、あなた自身の身体や症状に合った最善の方法ですから、あなた自身の努力なしでは高い確率の発毛は望めないことを理解してください。

これからの保険適用は?

現在のところ、円形脱毛症など一部の脱毛症しか保険が適用されていないが、いずれ頭髪治療にも保険が適用されていく可能性はあるでしょう。
しかし、それ程近い将来とはいえません。
つまり、専門医がいないのと、保険が適用されることにより、今現在営業している頭髪専門クリニックでは、高額な施工代がとれなくなるからでは?
その為専門医は病院で勤めることはしないのでは?
自分で開業し、高額費用を取ったほうが儲かりますし・・・。

まだまだ若ハゲや薄毛に悩む方たちの懐は北風が吹き荒れる日々が続きそうですね。

薄毛や若ハゲで病院で診療を受けられる?

若ハゲや薄毛で悩んでいる方は日本中にいます。

そんなかた達が病院へ診療目的で来院したとしても、専門医師が居ない為、診療を断られるのがオチです。
若ハゲや薄毛は病気とは認められにくく、しかも医師の中で専門知識を持っていません。
保険診療ができない若ハゲや薄毛で悩んでいる方たちは、高額なクリニックへ行くしかないのが現状です。

若ハゲや薄毛を病気として扱ってくれる日が一体、来るのでしょうか?

植毛の技術

アメリカでは植毛技術がかなり進んでいるようだ

植毛には、自毛を植えるものと、人工毛の植毛があります。
利点はそれぞれあるでしょうが、実際のところ値段的には高額になります。
専門的な医師が少ないということと、保険が適用されないということで費用は高くなってしまいます。
植毛専門クリニックや美容整形クリニックで手術が可能ですが、生着率はクリニックにより、まちまちといったところです。
信頼の置けるクリニックを選び、よく相談した上で植毛するかどうかを決めましょう。

[ 「医薬品」と「医薬部外品」の違い

医薬品とは、病気の症状を治療する目的で作られた薬剤を指します。これに対し、医薬部外品とは、特定の目的に対して効果が認められた有効成分が決められた一定の濃度で配合されている製品をいいます。
医薬部外品では、皆さんもご存知の市販の育毛剤などのことです。しいて言うなら、化粧品と目的は同じだと思ってください。

プロペシア認可

近い将来日本でも「プロペシア」が医療用医薬品として認可される見通しです。

しかし、勘違いしないで下さい。 これは大衆薬ではなく医師のもとで診察を受け、処方された場合にのみ使用できます。
成分の影響を身体が直接的に受けやすい飲み薬である為、副作用を考慮した措置です。
若ハゲで悩み、特効薬を欲しい気持ちは誰でも同じですが、あせりは禁物です。
まずは健康な身体作りに気を配り、食事や睡眠で体調を整えておくことが、毛髪も健康になる秘訣です。

アメリカで使われている「ロゲイン」

アメリカでは育毛剤として、男女とも「ロゲイン」が使われています。

日本で使用されている「ミノキシジル」の配合の割合は1%ですが、アメリカでは2%〜5%も配合されています。
そのため医薬品として許可をうけています。
ただし、日本ではまだ「ロゲイン」を使用された育毛剤は市販されていないようです。
だからといって、個人で「ロゲイン」配合の薬品を輸入するのには賛成できません。はたして日本人に適合する薬品なのか、副作用を考慮し、輸入許可されて入ってきている商品を購入したほうが安全です。
インターネットで「ロゲイン」を検索すると、米国ファルマシア社(旧アップジョン社)の育毛剤ロゲインの通信販売のページを見ることが出来ます。
どうしても「ロゲイン」が欲しい方は、そちらのサイトで熟考されて購入するかどうかを決めてください。

円形脱毛症

円形脱毛症の原因は、治療法とともにまだはっきりと解っていないのが現実です。

しかし、毛母細胞への刺激や毛乳頭の活性化、毛根部分への血流を良くする目的の壮年性脱毛の治療であれば、円形脱毛症に応用できると言えます。

ミノキシジル以外の有効成分

アメリカ食品医薬品局に認可されている育毛剤成分ミノキシジルのほかに

飲み薬のプロペシアがあります。どこかで聞いたことが有ると思います。
男性型脱毛症の治療薬で発毛促進と、抜け毛の進行を止める働きがあります。
その他には、遺伝的な要因と男性ホルモンの複合作用で起きる脱毛にも有効に働き、男性ホルモンの変換を止め、脱毛の進行をくい止めます。

市販の育毛剤の効果NO2

市販の育毛剤によく使われている成分にミノキシジルがあるのですが・・・

このミノキシジルの薬効は、毛細血管を拡張させ血圧を下げる効果があります。頭部の毛細血管も拡張され、頭皮全体の血行を良くする効果がえられます。
さらに、最近発見されたことに、ミノキシジルによって男性ホルモンの変更酵素阻害作用や、成分が毛細細胞にじかに働きかけ、活性化させる効果があることが確認されています。
アメリカでは、血管拡張剤として処方したところ、副作用で毛髪が濃くなったという報告をもとに、育毛剤として商品化されたということです。

市販の育毛剤の効果は?

さまざまなコンセプトから開発された育毛剤があり、使用する人の状態に適合すれば有効といえましょう。

育毛剤は皮膚に摺りこむような方法で使われています。しかし、皮膚からの摂取量には限界があり、期待したほどの効果が得られないことのほうが多いのが現実です。
それでもある程度の効果もあり、抜け毛の減少などに有効に働きます。
各商品は膨大な開発費と時間をかけて製造されているのですが、市販する為には色々な成約もあり、発毛や育毛に効果のある成分を充分な濃度の製品として販売できないという事情もあるようです。
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。