若ハゲのことで悩んでいるのなら、もう悩むのはやめましょう!

 誰にも話せなくてどうしたらよいのか解らない、そんなあなたのお役にた
 てたら幸いです。お役立ち情報こそがあなたの悩みを解決してくれるものと
 思います。
 悩むことでストレスが蓄積されると余計にあなたの悩みは拡大して行き
 ます。みんなが実践している育毛方法、自毛の移植、育毛に必要なシャ
 ンプー選びなど、前向きに自分自身でヘアケアを実行して行きましょう。

・髪の成分、・育毛シャンプー、・男性型脱毛症、 ・髪の寿命キューティクル、・育 毛、・植 毛、・育毛サプリメント、・女性の脱毛、ほか記載しています。

頭髪にもミネラル(カリウム)

どんな栄養素を摂取すれば若ハゲになりにくいのか

(K・カリウム)
細胞内の機能を高め、電解質や血液中の酸とアルカリのバランスを取るのがカリウムです。
血糖が酸糖質やグリコーゲンに変化するときに必要で、血圧を下げストレスさへも予防します。このカリウムが不足すると、高血圧症や不整脈になる恐れがあり、反対に多すぎると糖尿病や肝臓病を招くこともあります。
このカリウムを多く含む食物は、干しいたけ、ひじき、大豆、桃などです。

ストレスが溜まり、髪が薄くなってしまうのはミネラル不足からくる症状が考えられますので、食生活の見直しをお勧めします。
若ハゲに悩む前に予防の意味でも、食事は大切な髪の栄養補給源と考え、ミネラル不足に注意しましょう。

身体にミネラルを・Na

どんな栄養素を摂取すれば若ハゲになりにくいのか

(Na・ナトリウム)
体液の量を調整、電解質のバランスを整えることで暑さの強い真夏時の日射病を予防する働きがある。
欠乏すると、疲労や筋肉痛など起こりやすくなる。
反面、過剰摂取で正常値より多い場合は関節炎や骨折が起こりやすくなる。
多く含む食材には、タラコ、いわし、塩サケなどが挙げられる。




髪に必要な栄養素

身体の健康を保つために必要なミネラルは髪の健康にも大切な役割を果たします。

ハゲてしまったからといって決してあきらめないで下さい。
もしかしたらあなたの身体は、ミネラルやビタミンが不足しているのかもしれません。

人体の構成成分には、酸素・炭素・水素・窒素であり、ミネラルはほんの4%ほどです。しかしこのわずか4%が身体にはとても重要な成分である為、このバランスが崩れると身体のそこかしこでさまざまな支障をきたします。
人体の肌はビタミンが影響を与えますが、このビタミンはミネラルと一緒になったとき始めて効果を発揮します。微量のミネラルではありますが、体内の変化をいち早く知る指針でもあり、人が生きて行くうえで無視できない重要な成分なんです。
もちろん、髪の健康にも大切な成分であることは言うまでもありません。
不規則な生活習慣や偏った食事の摂取により、ミネラル不足になることもありますので、自分の生活環境をもう一度確認し、身体の健康や髪の健康に悪影響を与えるような習慣が身についてしまっているなと感じたのならば、
栄養面を考えられたサプリメントで、毛乳頭や毛母細胞に必用なミネラルやビタミンを補給したいですね。

ハゲるのは何故か

何故髪の毛はぬけるのか?

ハゲる方の多くは「男性型脱毛症」といって、髪の成長期が短くなって行く特長をもっています。
髪の成長サイクルが乱れ、新しく生まれた髪の毛が細く弱々しくなってしまいます。最終的にうぶ毛状態となり、やがて発毛しなくなってしまいます。
薄毛の原因として、「遺伝」や「年齢による発毛機能の低下」「体調の変化」など、いろいろな原因が考えられます。
特に内臓に異変をきたすと、キレイな血液が巡回できなくなり必要な栄養素を毛乳頭に供給できなくなります。
このとき毛となる細胞が男性ホルモンに敏感に反応し、活性能力を低下させます。
敏感に反応した男性ホルモンは頭の頭頂部位と前頭部位の毛根に敏感に反応する為、前頭部位から薄毛になって行く人、頭頂部位から薄げになって行く人と分かれるようです。ホルモンは男性だけでなく女性も薄毛になる原因でもある、とても複雑な機能を持っているようです。

髪の寿命

生まれたきた髪の毛は一生生え続けるわけではありません。

髪の毛は絶えず生え変わりを繰り返しています。
生え始めてから2年から3年で成長し、退行期(2〜3週間)、休止期3ヶ月
を経て、抜け落ちて行きます。
髪は退行期に入ると、毛乳頭細胞が萎縮し、それを覆っていた毛母細胞も分裂を止めてしまいます。
正常なサイクルの頭髪は100本中休止期に入っている髪の毛は10本の割合だそうです。
入浴時、排水溝に髪の毛が案外あると、髪の毛が薄くなったかのように心配されるようですが、先ほどの説明の通り、髪の毛はサイクルによって生え変わることを考えれば、心配はありません。

しかし、すでに薄くなり始めている方は、食生活や生活環境、日々の生活習慣を見直すなどしてみてはいかがでしょう。
ストレスの発散も重要な対策のひとつです。

キューティクル

キューティクルの役目

普段目にしている髪の毛は、ケラチンが詰まった繊維状の毛母細胞を外側からキューティクルが取り巻いている状態です。
キューティクルは千分の1ミリくらいの極薄い膜で、1枚1枚が魚のウロコのように折り重なっています。それがパーマ液や熱風を出すドライヤーから毛髄を保護しています。

髪の毛には水分があり、蒸発しないようキューティクルが守っていますが、刺激の強いシャンプーやドライヤーのかけ過ぎによりキューティクルを痛めてしまうと、髪の毛がパサついたり、抜け毛の原因になってしまいます。
ヘアトニックや整髪剤に含まれるアルコールも毛皮質の中のケラチンを分解してしまうので、お勧めできません。

髪が痛んだところ身体で感じる痛みはありません。
使用するシャンプーや整髪剤など、充分注意をしたいですね。

髪の成分

多くの方がご存知のケラチン

髪の皮膚に埋まっている部分を毛包といい、そこから伸びているのが毛幹、いわゆる髪の毛です。
髪の毛の根っこにあたるところを(チューリップでいえば球根)毛球といわれ、内部は毛乳頭組織を芯として、その周りを毛母細胞が取り囲む形になっています。
この毛母細胞がケラチンというタンパク質成分を内部に溜め込み、分裂を繰り返し伸びて行くのが髪の毛になります。1日の平均で0.35ミリ程、1ヶ月にすると約1センチ伸びます。

今夜のクリスマスイヴのあなたより、来年のクリスマスイヴのあなたはきっと、自信に満ち溢れるあなたで在ることをお祈りいたします。
努力は報われます。きっと!

頭皮の変化で

ハゲで悩む前に予防と対策と治療で解決しましょう。

毛髪は皮膚が変化してできたということをご存知ですか?
皮膚は表皮層と真皮層の2つからなります。その下に皮下脂肪があり、一番外側の表皮層が保護膜の役割となり、その下で細胞分裂がなされて最外層に角質を形成します。
約4週間かけて細胞分裂がされて角質がはがれ、それが垢といわれるものなんです。
まさか、皮膚が変化して髪の毛になったなんて、誰も思わないでしょうね。

育毛の弊害

ハゲている人もそうでない人も毎日のシャンプーは欠かせませんね。

頭皮を清潔に保ち、適度な皮脂によって毛根や頭皮を守る。
髪の毛は夜育ちます。 肌も夜10時〜深夜2時のあいだが一番活性化されるため、夜のシャンプーは毛髪のとっては一番よい時間帯と言えるでしょう。

仕事で帰りが午前様であったり、夜遅くまで遊び歩いて帰宅したため入浴を翌日の朝に回してしまう人は要注意!
夜間活性化された頭皮や髪の毛は、自然に分泌された皮脂によって守られる状態でいるのに、それをすべて洗い流してしまうことになります。
就寝前にシャンプーを済ませ、朝シャンもなんてのも害あって一利ナシです。

ハゲた人もそうでない人も

毛髪が薄くなるか否かは、あなた自身の健康に深く関係してます。

ハゲるひとの生活習慣の多くは

  • 充分な睡眠をとらない

  • 好き嫌いがある

  • お酒をよく飲む

  • お風呂に入らないときもある

  • タバコを吸う

  • 朝と晩にシャンプーをする

  • 決まった時間に食事を摂らない

  • 適度な運動すらしたことがない


  • こう見ると生活に健康という言葉すら浮かばないことばかりですね。
    健康維持こそが健康な毛髪を育てるのです。
    つまり、ハゲにくくすることが出来るのは規則正しい生活をおくることと、バランスのとれた栄養食をとり、運動も欠かさないことなんですね。

    若ハゲは病気?

    若ハゲで悩まず、まずは病院で・・・というようなコマーシャルを見たことがあります。

    いまだにハゲを治療する、という言葉の響きになじめないじぶんがいます。
    これまでにずぅ〜っと一人で悩んできた薄毛が、病院で治療できるなんて思いもしませんでした。
    だって私の薄毛は遺伝だからです。
    父はハゲていませんでしたが、おじいちゃんがツルツルのハゲでした。
    私は子供の頃からつむじの所が人よりも地肌が多少見えやすく、髪の毛自体も細かったのです。
    ですから私は将来ハゲることを予期してました。
    若ハゲになる人の多くは遺伝性が多く、男性ホルモンの影響で薄くなってしまうと聞きました。

    遺伝性と聞くと、どんな薬も育毛剤も役に立たず、薄くなるのを少しでも遅くらせることぐらいしか出来ないものとおもっていましたし、どんなシャンプーや育毛剤を使っても無理だとあきらめてました。

    でも、いまやハゲは治療できるとまで言われるようになるとは・・・・。

    ハゲで悩んでいるだけですか?

    いまやハゲで悩んでいないで、積極的に最新育毛法を取り入れ発毛に成功している人は大勢います。

    いったいどんな方法で?
    育毛剤やヘアケア、自毛の移植などなど、以前の自分を取り戻したい人は皆どういった方法を実践しているのでしょうか?
    もし、育毛専門店へ行くとしたら、選ぶべき専門店は?

      

    育毛シャンプーに求めるもの

    育毛の基本はシャンプーから

    ハゲになってしまった方や育毛に真剣に取り組もうと思っている方に
    役立つ情報や、毛髪の基本的な知識から自分に合った育毛法を見つけてください。

    まず、シャンプーに求めるものの一つとして洗浄力が挙げられます。
    しかし、刺激の強すぎるシャンプーは逆効果になりますが、ph(ペーハー)酸性化あるいはアルカリ性、毛髪や頭皮と同じくらいのph値5〜6くらいが一番良いようです。
    配合成分に注意するのならば、無添加に近ければ近いほどよいでしょう。

    毛髪の洗浄方法として、まずはよ〜く泡立てることで髪と髪の摩擦を減少させる効果がありますので、やってみてください。
    頭皮や毛髪は常に外部空気に晒されているため、汚れや汗などの分泌されてもので不潔状態になっているので、殺菌効果も欲しいですね。

    香りも好きな香りのものを選びたいですね。良い香りは精神の安定に繋がるし、ストレスを和らげる効果があります。
    少々高価なシャンプーでも、育毛剤の浸透を助けるような頭皮の状態にしてくれるシャンプーが望ましい。


    髪の毛を太くする

    ダイエットのせいで髪の毛がうすくなってきた・・・。


    ハゲではないがダイエットによって髪が薄くなってしまう現象を体験したことのある方がいます。
    その方は6ヶ月かけて30kgのダイエットに成功したそうです。
    しかし、ダイエット期間中にはそれなりにストレスがあったそうです。
    きっと食べたいものも食べず、甘いものも止めたりと常に我慢を自分自身に強いてきたのでしょう。
    きずいたら髪の毛が抜けやすくなり、薄くなってしまったそうです。

    薄毛になってしまった要因の一つは、ストレスが挙げられます。
    しかも6ヶ月間の食生活で摂取しなければならないだけの栄養も摂れなかったのだと思われます。
    低カロリーの食事を心がけていたのでしょうが、ミネラルを多く含む食品の摂取に欠けていたのでしょう。髪には酸素や栄養素は欠かせません。
    きな粉のような大豆製品、納豆などには多くのミネラルが含まれますので、積極的に摂ることを勧めます。
    栄養の摂取が少ないと、髪の毛に影響することを知っておいてください。
    髪がやせ細って抜やすくなってしまうのは、毛根に栄養素が行き届かないという理由が考えられます。
    ストレスや栄養不足によって毛細血管に血液が流れて行かず、毛根に栄養素が届かないのです。そのうち毛細血管が減って行くため、髪が抜けやすくなりますので、髪を太くするということを第一に考えるのであれば、ストレスの解消と食生活の見直しや、生活習慣にも気を配るようにしましょう。

    間違った育毛法

    やってはいけない育毛法を、あなたはやってませんか?


    一昔前にテレビでも話題になり、ドラマでもその場面をお茶の間に披露されたことのある育毛法とは?

    ブラシで頭皮を叩く!

    これは頭皮に刺激を与え、血行を良くするのが目的であったのだろうが、これは決してマネをしないで欲しい。
    頭皮を叩いたり強く擦る様なマッサージ方法などは頭皮の毛根を傷つけかねないのである。 髪が薄くなってきているということは、毛根自体が汚れや皮脂が溜まりすぎてしまい健康な毛髪が育たなくなっている状態でもあるし、毛根自体に問題が発生している可能性が高いのであるから、むやみに強い刺激を与えるのは逆効果です。

    叩いたり強い刺激は頭皮を硬くしてしまいます。
    堅くなった頭皮から健康な毛髪の発毛は望めません。
    毛髪の多い人の頭皮は、頭皮費全体を前後など動かすことが出来る位柔らかいはずです。 まるでカツラをつけているように見える位頭皮を動かせますよ。

    育毛サプリメント

    サプリメントで身体の内側から発毛促進


    飲むヘアサケアプリメントもいくつか市販されていますが、さてさてその効き目は?
    育毛に大変効き目があるとされるケイ素が成分として含まれているようですが、このケイ素は欠乏するとどのような影響があるかというと、爪が割れやすくなったり、髪の毛も抜けやすくなり、毛根自体が消滅してゆきます。
    その為にも必要な栄養素を摂取し、毛根を活性化させなければなりません。
    私自身サプリメントを摂っていたことがありますが、効いているのか効いていないのか解らずじまいでやめてしまいました。

    普段の食生活からは摂取できない必要量の栄養素を、サプリメントなどで補うことは良いことだと思います。
    それと併せて、頭皮を清潔にし、不必要なトニックや整髪剤などは使わないよう気をつけましょう。

    育毛シャンプー

    効き目には個人差がありますので、自分にあったシャンプー
    を見つけましょう


    育毛シャンプーにも様々な商品が売り出されていますが、選ぶ基準として自分の頭皮に合った物を選ぶのが良いでしょう。
    それぞれの商品には「成分」の表示が義務付けられていますので、もしもアレルギのある成分が入っているのであれば、絶対に使用してはいけません。
    頭皮も人それぞれ脂性肌や乾燥肌がありますが、自分の手で触ってみて指にチョット皮脂が付いたといって脂性肌用のシャンプーを購入しないで下さい。なぜならば、皮膚には皮脂は不可欠なんです。肌の乾燥を防ぐために毛穴から分泌されるのです。
    しかし、その皮脂の分泌が以上に多い場合は脂性用でよいでしょう。
    購入する際、お店の方に相談すると安心できます。

    ハゲで悩んでいる方にとってシャンプー素材は、皮膚の汚れをきれいに落とし去り、育毛に不可欠な酸素や毛髪の成長を妨げる余分な皮脂や汚れを完全に除去できるものがふさわしいですね。
    価格は高価ではありますが、普段使用している育毛剤の皮膚への浸透を助けるよう作られているようですので、効果を期待するよりは育毛を助ける土台作りと思い、使用されると良いと思います。

    男性型脱毛症(AGA)

    男性ホルモンがハゲなる原因だと一般的に考えられています


    若ハゲの代表的なものが“男性型脱毛症”と言われる脱毛症です。
    男性型脱毛症は、男性ホルモンが関係していると思われる脱毛症ですが、髪の毛の毛乳頭の細胞内には男性ホルモンを受け入れる受容体があり、これに結びついている男性ホルモンが毛髪のタンパク質の合成を阻害し、再生のサイクルを狂わせると考えられています。受容体の男性ホルモンに対する影響には個人差があり、同じ人の頭部においても男性ホルモンの影響を強く受ける部分と、あまり影響を受けない部分があると言われています。脱毛は男性ホルモンの影響を強く受ける部分で発生するようです。
    しかし、なぜ男性ホルモンの影響を強く受ける部分とそうでもない部分があるのか、個人差がなぜ生じるのかなど、男性ホルモンが引き起こすと思われている男性型脱毛症の詳しいことは、まだ確かな答えは出されていません。



    ヘアサイクル

    人によっては違うヘアサイクル。あなたのサイクルは?


    私たちの頭皮を覆っている毛髪は、直射日光や暑さ寒さから護る役割、衝撃などから脳を護る役割や、体内に入り込んだ有機水銀やカドミウム、砒素毒素などの毒素を毛乳頭を経て体の外へ排泄する役割があります。
    このように、髪の毛というのは必要な役割があって身体に備わっているのです。そして髪の毛は、自然に脱ける毛と同時に新毛が生えて、常に同じ本数を維持するようになっており、サイクルによって生え替わる周期をヘアサイクル(毛周期)といいます。
    ヘアサイクルには個人差があり、髪の毛の伸びが早い人で4年、遅い人で8年とかなりの違いがあります。
    髪の毛のヘアサイクル(毛周期)は3つの段階に分けられます。
    「成長期」→「退行期」→「休止期」の段階を経ます。
    脱毛はこのヘアサイクルが何らかの原因で短くなり(1〜2年)、髪が完全に成長する前に抜ける事で起こります。
    成長期初期の髪は柔らかい軟毛ですが、正常な人の場合硬い毛に育っていきますが、ヘアサイクルに異常がある場合、この軟毛の段階で抜け落ちてしまうことが多いのです。
    これによって頭髪の生える力が弱くなり、最終的には毛根の穴が塞がってしまいます。この状態が頭皮の前部から始まる人や頭頂部から始まる人とにわかれます。

    髪の成長に必要な条件とは

    食事から栄養を摂ることや、普段から
    頭髪や頭皮を清潔にしましょう


    髪の毛の成長に必要な条件は、頭皮の皮膚呼吸と、血液からもたらされる栄養素や酸素(血液からもたらされます)などが挙げられます。
    髪の毛の成長に必要な酸素は、血液からもたらされますが、多くは頭皮の皮膚呼吸によってまかなわれます。
    ハゲを気にする人で、「皮脂」が育毛の大敵であり、脱毛症の原因であると認識し、シャンプーなどで全て取り除こうとする人がいますが、これはいずれ脱毛症になってしまう原因の一つであり、発毛・育毛にはマイナスなんです。
    頭皮を含む私たちの身体は、一枚の皮膚で覆われていて、その皮膚を乾燥などのトラブルから護るために、皮膚穴から分泌された皮脂が汗穴から分泌される水分と混じり合って、保護膜と呼ばれる皮膚膜を形成し、身体から必要な水分が失われないように保護しているのです。
    この働きは全身の皮膚で行われており、当然頭皮も同じです。皮脂は私たちの身体、頭皮にとって乾燥や肌荒れなどから保護するために全身から分泌されている大切な成分です。
    つまり、清潔な保護膜によって保護された健康な頭皮は、髪の成長に欠かせない絶対条件であり、皮脂は健康な頭皮に欠かせないもっとも重要な成分です。
    ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。